美白有効成分として認められている成分の種類

美白有効成分

 

美白有効成分として認められている成分には
アルブチン・ビタミンC誘導体・カモミラET・M-トラネキサム酸・ルシノール・リノール酸S・エラグ酸・コウジ酸・プラセンタエキス・4MSK・ニコチン酸アミド・マグノリグナンなどがあります。

 

有名な美白成分アルブチンと肌の漂白剤と言われるハイドロキノン

ハイドロキノンとアルブチンは一般的に市販されている化粧品類にも含まれることが多く、目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

ハイドロキノン

特にハイドロキノンは肌の漂白剤と称されるほどメラニン除去の効果が高く皮膚科などで用いられてきた成分です。ただし肌への刺激が強いという特徴があります。

 

そのため市販されている化粧品類に含まれる濃度は美容クリニックなどで処方されるよりも濃度が低く、市販されている化粧品類で美白効果を求める際には多少の時間がかかる可能性があります。

 

アルブチン

またアルブチンはハイドロキノンとブドウ糖を結合した成分でメラニンが活性化することを防ぐ効果があり、ハイドロキノンと比べて肌への刺激が弱いことが挙げられます。

 

ハイドロキノンはできてしまったシミに対して効果を発揮するため、皮膚科などでも使用されますが、アルブチンは予防の観点で用いられることが多いです。
また、美白成分を配合した化粧品は薬用化粧品となり、配合成分も一定量に決められているのが特徴です。

 

美白化粧品は美白の定義であるメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐという効果を期待するもので、出来てしまったシミを解消する場合には肌のターンオーバーと共に、肌に蓄積したメラニンの排出を促すスキンケアをサポートするというのが基本となります。

 

>>本格シミ対策ができるホワイトニングリフトケアジェルTOPページへ

 

 

ホワイトニングリフトケアジェル