医薬部外品の美白化粧品と普通の化粧品との違いは?

医薬部外品

化粧品売り場にいくと無数の化粧品が並ぶ現在、一体何がどう違うのかわからなくて悩んでしまいますよね。
今回は美白化粧品と一般的な化粧品について説明します。

 

美白化粧品と一般的な化粧品の一番の違いは、美白成分が配合されているかどうかです。

 

美白を謳っている化粧品のほとんどは有効成分を配合した医薬部外品で、例えば厚生労働省が認可した成分が配合されている場合やお肌の調子を整える有効成分が配合されるなどがあります。

 

その認可されている美白成分は、臨床試験など多くの規定試験をクリアし、美白に一定の効果が期待できると証明されている成分ですので、美白に取り組みたいと思うのであれば、一般的な化粧品よりも美白化粧品が目的に適していると言えます。

 

美白成分にも種類が複数あり、商品によって配合比率や配合量も違うので、ただ美白という文字に飛びつくのではなく、しっかりと中身を吟味することをオススメします。
また、美白化粧品を紫外線の影響の強くなる夏の間だけ使うという方も多いかと思いますが、化粧水だけ、美容液だけなどの部分使いでも良いので、美白を気にするのであれば、年中美白化粧品を取り入れる方が良いとされています。

 

化粧品を正しく理解し、効果的に使って化粧品の機能を最大限に活かしましょう。

 

おすすめの美白オールインワンゲル

ホワイトニングリフトケアジェルは、医療関連の書籍に掲載されるなど、注目を集めている医薬部外品です。商品はオールインワンタイプとなっているために、幅広い用途でスキンケアをカバーしてくれます。

 

美白成分にはプラセンタを配合しており、これ一つでシミ・そばかす予防に取り組むことができます。

 

※美白:メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ

 

 

ホワイトニングリフトケアジェル

 

>>本格シミ対策ができるホワイトニングリフトケアジェルTOPページへ